たぶん日記かも

栗原農園HP管理人の
たぶん日記かもしれない
ブログです。

たまに後から書き足す場合もありますが
御了承下さいませ(笑)
<< 長崎新聞の魚洗川の物語 | main | 種蒔き1 >>
長崎新聞の魚洗川の歴史
JUGEMテーマ:地域/ローカル


魚洗川の歴史にも少しふれてあったが
旧石器時代からの遺物(石器や土器など)は
畑から今でも頻繁に出土します。

現在私が住む魚洗川は約45年前に家を解体し移り住んでいます。

元々の場所は現在雲仙普賢岳災害の砂防ダムの中に位置し
建設前には多くの石垣群や井戸など残っていました。


戦後には祖父は馬車引きや山を開拓して西瓜の栽培やサトウキビ、葉煙草の栽培など
手広くやっていたようです。

このころに現在の百花台地域の先代の方々が戦地から引き上げて
現在の百花台の地を開墾開拓し現在に至っているそうです。

また、父が子供の頃まで凍り豆腐の生産や馬の繁殖が盛んだったそうです。


| 国見のくりちゃん | 地域 | 22:21 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
ご教示ありがとうございます。
謎がお陰様で晴れました。
魚洗川には湧水があった。

ご教示いただいたことも踏まえさせていただきながら、
このページの
http://www17.plala.or.jp/matsuwo/walk/1sanpo/2015_tidiwagaidou/index.html
最後の章「フィールドワーク」に記事を記させていただきました。
| まつを | 2015/11/10 1:09 AM |
あと、魚洗川茶屋は我が家の隣の家で
それぞれの建物は現在の位置に移築されてます。
| 国見のくりちゃん | 2015/11/04 1:51 AM |
まつをさんはじめまして。
現在はダムの関係で湧き水は減りましたが
ダムができる前は各所で湧き出てました。

また、貴サイトを拝見しましたが
塚については祖父たちが「腹の神様」と祭る
塚らしき物が千々石街道沿いにあります。
また、現在はわかりにくくなってますが
やはず橋より山手から入る道があり
音姫観音の横を通り現在の赤岩観音の大鳥居に続く道が千々石道と聞いてます。(小学校の遠足のルートでした)
| 国見のくりちゃん | 2015/11/04 1:48 AM |
コンテンツはこちらに移動いたしました。
http://www17.plala.or.jp/matsuwo/walk/1sanpo/2015_tidiwagaidou/index.html
| まつを | 2015/10/17 9:42 AM |
はじめまして。
突然の書き込みをお許しください。
私は長崎に住んでおります まつを(松尾龍伸)と申します。

千々石街道のことを調べておりまして、
貴ブログに辿り着くことができました。

元々は一枚の古地図に出会ったことに始まります。
その地図に横一文字に島原半島を横切る道が書いてあって、
これはなんだろうと。
それが千々石街道でした。
さらにその道が魚洗川を通っていたことも知りました。
このあたりのいきさつは拙サイトに記させていただいております。

そして貴サイトの

>元々の場所は現在雲仙普賢岳災害の砂防ダムの中に位置し
>建設前には多くの石垣群や井戸など残っていました。

という貴重な一文に出会えました。
もしよろしければ教えていただきたいのです。
魚洗川は水が豊富なところなのでしょうか。
つまり川や湧水や井戸水が豊富なところだったのでしょうか。

突然、質問をさせていただき恐縮しております。
なにとぞご教示いただけば幸いです。


| まつを | 2015/10/01 2:46 AM |









http://923.kuri.blue/trackback/904072
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログパーツ
+ グーグルページランク
+ ブログパーツ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE